化粧水を付けましょう

若い時は何もしなくても綺麗な肌を保てます。
キメの整った肌は、水分と油分のバランスが良い肌と言われます。
しかし、25歳はお肌の曲がり角とも言われているのです。
肌のターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が残ってしまいます。
週に一度は、ピーリングをして古い角質を剥がしましょう。

30歳になると、肌のハリを感じなくなることもあります。
肌細胞が老化して、しぼんだ印象になってしまうのです。
個人差もありますが、30歳前後になると肌が老化します。
コラーゲンが減少して、肌のたるみやシミが出てきます。
美肌を保つ為には、肌の再生機能を正常化させる必要があるのです。

セラミドやコラーゲンが減少すると、肌トラブルが出てきます。
美肌を維持する為には、化粧水をたっぷりと付けましょう。

洗顔をした後に、コットンに浸して、イオン導入器を使うことをお勧めします。
肌の奥まで化粧水を浸透させることが美肌を保つ秘訣です。
角質の奥深くまで浸透させる為には、時間をかけて丁寧に化粧水を付けましょう。

その後には、美容液や保湿クリームを塗ると良いです。
水分だけでは蒸発してしまいます。
栄養分を肌の奥に浸透させる為にクリームを塗ることは大事です。
シワやたるみの防止になります。