紫外線対策

年齢にかかわらず、お肌の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
乾燥肌や、油性肌、加齢によるたるみなど人によって様々な悩みがあると思いますが、どのお肌トラブルにも共通して避けるべきものがあります。
それは紫外線です。

紫外線はUVAとUVBにがありますが、UVAは雲や窓ガラスも通り抜け、お肌の奥のコラーゲンなどを変性させ、しわ、たるみなどを促進し、お肌の奥までダメージを与えてしまいます。
UVBはしみ、そばかすの原因となり、お肌に炎症をおこします。また、炎症を繰り返すことにより、しわやたるみの原因にもなります。

特に気を付けるべきはUVAです。雲も通り抜けるということは、曇りの日だから大丈夫、と日焼け止めを塗らずに外に出ると、UVAがお肌の奥まで届き、知らず知らずのうちにダメージが蓄積して、しわやたるみの原因となってしまうのです。

自宅にいる時も、少しだけ外に出る、という時も、お肌に優しい日焼け止めを塗って、紫外線からお肌を守りましょう。

日焼け止めの選び方としては、UVAは「PA」という表記となり、UVBは「SPF」という表記となります。

「SPF」は数値で表されますが、1SPFあたり、20分、UVBからお肌を守ってくれる、と言われています。
例えば、SPF20の日焼け止めでしたら、20分×20=400分=6時間40分、UVBからお肌を守ってくれる、という計算になります。

「PA」は「+」という値で表され、最大は「++++」の4段階となっています。「+」が多いほどUVAを防ぐと言われています。

これから日焼け止めを選ぶ時には、SPFの値だけではなく、「PA」表記も気にして選ぶようにしたいですね。
また、日焼け止めは汗などで落ちてしまうと効果が発揮されませんので、こまめに塗りなおすようにすると良いと思います。

最近ではUVカット効果のある日傘や帽子、カーディガンやTシャツなど、様々な紫外線防止グッズが販売されています。
こういったグッズも賢く使って、紫外線からお肌を守り、美肌を手に入れましょう。